仏壇のある暮らしのサイト

AQ仏壇工房が完成させた 天然無垢材100%の「永久仏壇」

リビングにも合う小さいお仏壇

そんな大きいお仏壇を選んで
いいんですか?

最近、大きいお仏壇から小さいお仏壇へ買い換える人が増えています。
両親がおまつりしていた大きいお仏壇を、持って来て置こうと思っても置く場所がないため、今の家に合わせた小さいお仏壇に買い換えるわけです。
これは仕方がないことですが、大変もったいないことです。
昔と違って核家族化が進み、両親と同居する人も、親の住んでいた家を子供が使うケースも減っています。
また、住む家自体も昔みたいに広くなく、畳の和室がない家もたくさんあります。
そんな時に、大きいお仏壇を選んでいいんでしょうか?

リビングには、どんな材質のお仏壇が
合うんでしょうか?

仏壇のある暮らしお仏壇は車やテレビなどの耐久消費財でも、もちろん消耗品でもありません。
お仏壇は大切だった人を供養し、亡き人と心を開いて対話をする道具であります。
別に安価な材質のお仏壇を購入することが悪いわけではありませんが、お仏壇には、その感謝供養の心を次世代まで伝えていく役割もあります。
そしてお仏壇の置く場所も、和室の仏間からリビングに移ってきましたので、これからはリビングに合う良い材質を選ぶことが大切ではないでしょうか。
それでは良い材質のお仏壇とは、どういう材質でしょうか?

50万円の予算で、100年以上使えるお仏壇って
高いですか?

仏壇のある暮らしあなたは一つだけ、孫子の代まで残せる買い物をするとしたら何を選びますか。車ですか? 家ですか? 宝石ですか?
車は壊れてしまうし、家もこれからは子供達が必ず住むとは限りません。
ましてや宝石はもめごとの原因にもなりかねません。
やはりあなたが毎日いろいろな思いを込めてお参りした、そして、いずれはあなたも入ることになるお仏壇ではないでしょうか。
本物のお仏壇でしたら、100年以上はお使いになることができます。
それではあなたの子孫からも本物だと言われるお仏壇とは、いったいどんなお仏壇でしょうか?

AQ仏壇工房案内

日本の伝統工芸の知恵と技術は決して過去のものでなく、今の時代にこそ生かされなくてはいけないものが沢山あります。
AQ仏壇工房ではその伝統工芸を守るため、仏壇仏具の製作を通して、自然の与えてくれた素材と匠の技の融合を日夜研究しております。
そして伝統ある江戸指物師の工芸技術で素材の持つ自然の美を極め、感謝供養という日本人の豊かな心の文化を、次世代まで残すためのお手伝いをさせていただきます。
私どもの商品が、少しでもお役に立てることがあれば幸いでございます。

「永久仏壇」は、三代目現代表・滝田雅敏の「自分が欲しい仏壇をつくりたい」という願いから誕生しました。
そのこだわりは?

  • 厳選された樹齢100年の北米産ウォールナットの無垢材を使用
  • 芯材に合成木材を一切使わない本物の味わい
  • 天然塗料のスリ漆塗りを施した自然の温もり
  • 分解組立ができる徹底した匠の技
  • 再生修理が容易にでき永遠の美しさを保つ

そして、職人の真心
よい仏壇には、つくり手の真心が宿っています。
「仏壇につくり手の真心を宿す」これがAQ仏壇工房の目指すお仏壇づくりなのです。
「おかげさま」とお仏壇に合わせる感謝の手が、あなたの心を豊かにします。
このお仏壇をお届けすることで、あなたのご家庭の中が、感謝供養という豊かな心で満たされてくることが、私どものいちばんの喜びなのです。

永久仏壇バナー
「永久仏壇」商標登録済、意匠登録済
Copyright (C) 2003-2016 AQ仏壇工房 all rights reserved.