仏壇のある暮らしのサイト

AQ仏壇工房が完成させた 天然無垢材100%の「永久仏壇」

リビングにも合う小さいお仏壇

お仏壇の価値はどこで決まるの?

お仏壇の価値を決めるのは、材料となる木の種類と使用量です。
同じ木材でも良いものとそうでないものがありますから、一概には言えませんが、銘木と呼ばれる黒檀や紫檀、桑、ウォールナットなどの木材であれば、まず良い素材だと言えます。
大半のお仏壇は、芯まで無垢材を使わずに別の芯材に銘木を張ってあるので、この張ってある銘木の使用量が価格にもっとも影響してきます。
銘木が使われている量が多いほど高価になりますので、大きいお仏壇よりも小さいお仏壇の方が値段が高くなることもあるのです。
もちろん銘木の総無垢で作られたお仏壇が本当は一番良いのですが、現在はわずかしか作られておりません。
その大きな理由は、高価な銘木が大量に必要な上、無垢の木材は乾燥と加工製作が困難で職人に高度な技術が要求されるためです。

お仏壇の置く場所も、昔と違って和室の仏間からリビングに移ってきました。
これからのリビングには、どんな材質のお仏壇が合うのでしょうか?

リビングに置くお仏壇に適した素材とは…

黒檀や紫檀では、少し重苦しく暗い感じがしませんか。
やはり天然素材の質感を重視すると、ウォールナットが一番相応しいのではないでしょうか。
ウォールナットは、北米産クルミ科の広葉樹で、世界随一の銘木として「木の宝石」とも言われ、古くから世界の高級家具に用いられてきました。
強靭で狂いも少なく耐久性に優れ、しっとりとした落着いた色と重厚な美しい木目が特色です。

そして、せっかくあなたが購入したお仏壇を次の世代、そのまた次の世代まで使い続けるなら、総無垢の材質を選んだ方が良いでしょう。
総無垢こそ価値が最も高く、その丈夫さと美しさは長い年月を経ても変わりません。

従来のお仏壇との決定的な違い

従来の大半のお仏壇は、本体の裏板や側面の芯材に合板やMDFボード(合成木材)を使用して作ってあります。
それに比べて総無垢のお仏壇を製作するには、大量の高価な材木や高度な技術が必要ですが、やはり薄っぺらな合板と無垢の天然木とでは存在感が違いますし、天然素材の持つ温もりと優しさで、あなたを受け入れてくれます。
そして本物だけが持つ、無垢の木の生命の豊かさを感じることもでき、癒されるのです。
仏間ではなく、家族のみんなが一番集まる生活の中心となるリビングだからこそ、機能や効率では味わうことの出来ない無垢の木の温もりが必要なのです。
お仏壇は耐久消費財でも、消耗品でもありません。
芯材に合板やMDFボード(合成木材)を一切使用していない総無垢材のお仏壇こそ、リビングに置くのに相応しいお仏壇なのです。

そんな総無垢材のお仏壇がやっと完成いたしました。
やっと完成した「永久仏壇」のさらに詳しい資料をご希望の方は、こちらからお申し込み下さい。

永久仏壇バナー
「永久仏壇」商標登録済、意匠登録済
Copyright (C) 2003-2016 AQ仏壇工房 all rights reserved.