仏壇のある暮らしのサイト

AQ仏壇工房が完成させた 天然無垢材100%の「永久仏壇」

リビングにも合う小さいお仏壇

総天然素材と匠の技

ゴミになるものが多すぎる今の世の中で、あなたが孫子の代まで残せるものは、毎日いろいろな思いを込めてお参りしたお仏壇しかないのではないでしょうか。
そのお仏壇が永遠の美しさを保つためには、総無垢の木材とスリ漆塗り、分解組立が容易に出来る構造の3つの要素が欠かせません。

無垢の木は、なんと言っても丈夫であるのはもちろんのこと、加工材では味わうことの出来ない天然素材ならではの温もりと優しさがあります。
そしてお仏壇に生まれ変わっても、生き続ける確かな生命力を持っています。
木目の節やシミが生きてきた証である無垢の木は、何年経っても伸縮することがありますが、それが本物の木の命であり持ち味であり、修復できることに誇りを持っています。
その無垢の木の命を生かすのが、スリ漆塗りという技法であります。

スリ漆塗りは、木地に漆をスリ込み、拭き取る作業を4〜5回繰り返し薄く均一な漆膜を作る塗りの技法です。
スリ漆塗りの特徴は、なんといっても木目の美しさを際立たせるところにありますが、それは他の塗料と違い、漆が木の導管にまで入り込むためです。
世界最高の天然塗料である漆は、木の素材感を損なわず木目の美しさを引き立てる最良の塗料であり、表面強度や耐久性において他の追随を許しません。
従来の大半のお仏壇に塗装されているウレタンやラッカ−などの化学塗料は、表面を固めて木の呼吸を止めてしまう塗装ですが、スリ漆は木の呼吸を止めないで木の命を生かす塗り方です。
また化学塗料は、塗った時点が最高の状態で、その後段々と劣化してきますが、スリ漆は時が経つにつれて硬くなり、しかもしっとりした落着いた光沢が出てきて飽きがきません。
スリ漆は、古くなっても簡単に塗り直すことが出来ますので、30年位で再度塗り直せば、新品時の状態に戻りますし、最初の塗りでは出せなかった深い味わいさえも出てくるのです。

塗り直しを行うためにはバラバラに分解できることが重要で、「胴突き・抜きほぞ・クサビ止め」(写真参照)と言う伝統的な匠の技を使って、分解組立が容易に出来るごまかしのない構造を生み出しました。
総無垢の木材を使用し、分解組立が容易に出来る構造をスリ漆塗りで仕上げることによって、再生修理が簡単にでき100年以上使う事が可能になったのです。


永久仏壇 永久仏壇の分解工程

100年以上生きるお仏壇

100年かかって育った木が100年以上使えるお仏壇になるとしたら、木が自然の中で育った時間より、人間の生活の中で人間とともに生きた時間の方が長いと言うことになり、これほどの資源の有効利用はありません。
木を伐ってお仏壇を作っても、そのお仏壇が木が育った時間より長く使われたとしたら、そして伐ったすぐ後にその木の子供を育てるとしたら、まったく自然破壊にもなりません。
新品時をピ−クに、段々とキズや汚れが気になる化学塗料の塗装をした張りの素材と違い、スリ漆仕上げの無垢の木についたキズは、時とともに深い味わいを感じさせます。
あなたのつけたキズが、子供や孫にとっての大切な思い出となり、刻まれたキズの一つ一つが家族の歴史を物語り、次の世代に引き継がれて行くのです。
まさに、使い続けることによって価値が高まってくるお仏壇なのです。

そんな本物のお仏壇がやっと完成いたしました。
やっと完成した「永久仏壇」のさらに詳しい資料をご希望の方は、こちらからお申し込み下さい。

永久仏壇バナー
「永久仏壇」商標登録済、意匠登録済
Copyright (C) 2003-2016 AQ仏壇工房 all rights reserved.